2018年06月05日

水無月 遊景の宿平城

「遊景の宿平城」さまへ、展示の入れ換えに行ってきました。

DSC_5784.JPG

今回は今まで納めさせて頂いた皆様の写真を
パネルにしました。

DSC_5776.JPG

皆さん輝いておられるでしょう?
モデルをなさってるわけではなく
全員素人。。。とは思えないくらい素敵。

DSC_5808.JPG

日本各地から世界から、奈良を訪れた皆様のお目に
留まりますように。




posted by Rika at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年06月03日

芥川賞作家河野多惠子が愛した画家ヘンリー市川

何の縁もない見知らぬ街、芦屋での個展に導いてくださった
安美さん。
心細い思いをさせないよう、連日ご友人をお連れくださり
個展会場を華やかにしてくださいました。


DSC_5517.JPG


DSC_5465.JPG



「伯母がね、作家なの。きっと知らないと思うわ。
ちょっと難解な小説でね。河野多惠子って言うの。
蟹っていう小説に2歳ぐらいの主人がモデルの子が
出てくるのよ」


ご親戚に作家がおられるってどういう感じなんだろう。
私には別世界の話で、深く気にとめることもありませんでした。

数年後、文化勲章授与式のニュースで「小説家 河野多惠子」
が耳に入り、もしや、あの時のあの話の人かしら?
恐る恐る確認すると
「よく憶えていたわね、そうなのよ」

授賞の翌年、河野多惠子氏は亡くなられ、
2012年に亡くなれた河野多惠子氏の夫
洋画家のヘンリー市川氏の膨大な作品の
お世話をされることになりました。

「伯母に比べて無名だった伯父の絵を世に出してあげたいの」と。

河野多惠子さんは市川泰氏と結婚されてすぐに芥川賞を受賞。
このタイミングで結婚を世間に発表せず、文学一途という形を
通されたようでした。

ヘンリー市川氏は多惠子氏との結婚後、売り絵作家の道を
避けておられようで妻の河野多惠子氏も夫の作品を簡単に
手放すことを好まず作品を大切に保管されていたそうです。

2017年3月に大規模なヘンリー市川回顧展を見事開催
され、安美さんご夫妻は、伯母河野多惠子氏との最後の約束
を果たされました。


DSC_5781.JPG



DSC_5782.JPG



DSC_5810.JPG

「最愛の夫の絵を手放したくない」

この愛の形、愛の深さ。考えさせられました。



河野多惠子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%A4%9A%E6%83%A0%E5%AD%90








posted by Rika at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年05月19日

うちわまき 懐かしき人 そこここに


唐招提寺梵網会(うちわまき)法要がございました。
DSC_5717.JPG


表千家の呈茶席
DSC_5663.JPG


お菓子は京都末富さん
DSC_5664.JPG


菓子皿は赤膚焼
DSC_5665.JPG

うちわの絵柄を屏風に
DSC_5660.JPG


境内では懐かしい方々とお会いできて心が弾みました。
唐招提寺さんに伺うとお会いしたい人と会えるのです。
不思議。そして有り難いことです。


今回は、お世話になってる方が南都晃耀会として
舞楽奉納をされることがわかり、参詣の楽しみが
また増えました。

舞われてる姿を拝見し、お仕事もご家庭もおありで
お稽古を続けられ、ご奉仕を続けておられるのは
素晴らしいことだと思いました。
DSC_5679.JPG


DSC_5696.JPG


風薫る5月。
日々の喧騒を忘れた、穏やかな佳い一日でした。

posted by Rika at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

2018年05月07日

風薫る

芦屋個展に出展した、ヘップバーンと名付けた帽子。

DSC_4514.JPG

気に入って下さり春夏物もオーダー頂きました。

同じデザインで素材を変えてフエルトや麻で作る。
同じデザインの色違いで飾りを変えて作る。

如何にもお誂え感があって贅沢で素敵でしょ?


今回は麻素材でビジューをふんだんにあしらいました。

DSC_5457.JPG

後ろから見たところ

DSC_5459.JPG

斜め後ろにも少し飾りを付けて

DSC_5460.JPG

上品な佇まいです。

1525050772365.JPEG

この帽子、幸せだな。きっと。
だって作り手が幸せなんですもん。
posted by Rika at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年05月05日

メタセコイア並木にて

美しい並木道。

美しい人。

「一篇の詩」がここにありました。

1524378729660.jpg

この帽子を作らせて頂いてよかったです。

メタセコイア並木
http://www.takashima-kanko.jp/spot/makino/532.html
posted by Rika at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

うれしい帽子便り

目に若葉、緑の風もさわやかな今日、帽子の便りが
届きました。

ご自宅の前。

1524660894429.jpg

お祝いの場所で。

1524660884532.jpg

こうしてかぶってお出掛けの写真を送ってくださるのは
嬉しいものです。

お嫁にいった娘が、むこうで大切にされて幸せに暮らしている
様子に一安心。
そんな親の気持ちでしょうか。

皆様、帽子をかぶってお出掛けされた写真をお待ちしております。
posted by Rika at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年04月16日

ラズベリーな夏


個展には「花」になる作品を出すようにしています。
会場が、ぱぁっと明るくなる華やかな作品を
1つは出品するようにしています。


今回の「花」は、ブリム(つばの部分)のそり上がり具合、
色といい、芦屋に相応しい華やかなこの帽子。

DSC_5319.JPG


ぴったりな方が現れるんです。


DSC_5498.JPG

ポーズをとられたわけでもないのに、この可愛らしさ。
ねっ、素敵でしょ。

ありがとうございました。



posted by Rika at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年04月10日

花まつり「午後の宴」


お二人は仲良し従姉妹同士。

グランドピアノがあったので「ここで撮らせてください」
とお願いしました。

黒。

DSC_5473.JPG

後でお聞きしたら音大で声楽を勉強されてたとのこと。
なるほどっ、絵になるはずです。


グレー。

DSC_5480.JPG

姿勢も美しい。

DSC_5477.JPG

お母様は私の帽子をお試しになられて。
この、たたずまいは絶対に真似できるものではありません。

DSC_5472.JPG

撮影会のあとは「午後のお茶、女子会をしましょう」
とのこと。

私は途端にかちこちに緊張して過ごしました。
お行儀よくせねば。。。

DSC_5485.JPG

DSC_5488.JPG

思い出に残る「花まつりの午後の宴」でした。
posted by Rika at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2018年04月08日

花まつり

個展にご親戚お揃いでお越しいただき、仲良し従姉妹の
お二人は気に入られた帽子も同じ。

お色は 黒 と グレー。
トップは斜めに切れ込みのあるデザイン。
ブリムのはねあがりはお任せ。
リボンは取り外し出来るようにとのこと。



DSC_5402.JPG

りぼん飾り。

DSC_5404.JPG

付けたところ。

DSC_5399.JPG


グレー

DSC_5440.JPG

りぼんを付けたところ。

DSC_5443.JPG

オーガンジーのりぼんにカットガラスを通しています。

DSC_5444.JPG

さぁ、納品へ。
今日は花まつり、御釈迦様の誕生日、佳き日。

DSC_5455.JPG
posted by Rika at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

芦屋個展を終えて


人も街も美しく、静かで穏やかに時が流れた3日間でした。

個展は私に喜びを与えてくれます。

来てほしい人に案内を出せる。
会いたい人に会える。
新たな出逢いがある。

幸せな時間でした。

今、私はまた普通の地味な日常生活に戻っています。

私の帽子に輝きと息吹を与えてくださる皆様と、
再び出会える日を夢見ながら帽子作りに励みます。


1520846723342.jpg

ありがとうございました。













posted by Rika at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介