2020年06月21日

帽子をご覧に来られました。

E2E2F72F-15C5-4106-8AF8-266611528313.jpeg


FDC7DF49-B967-4519-9F50-A7BAC2ADA848.jpeg


お花を飾って

F333BCB7-DE71-4C5B-85B1-F395F0F8C073.jpeg


木型も並べて

A347CC65-7BBE-478C-9985-FCD1C88A868D.jpeg

私の作品を好きになって頂けますように。
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月31日

製作過程

3AD2B6B9-CA34-44AE-855F-9F152D0A9BE3.jpeg

E6E69119-17E6-4A66-9A2D-8DDB99F35059.jpeg

8BAF786B-2581-45FF-A39D-C5EABECADF81.jpeg

1DA27E8D-95C1-46BD-924C-BF4CEC3E2A0B.jpeg


きっと、晴れやかな気持ちでかぶってお出掛け出来る日が来ると
信じて製作しております。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月17日

真夏の夜の夢

夏のガーデンパーティーに

8499BA98-C987-4E56-8D14-100F4A25095B.jpeg



5742CE7B-B564-459B-8AA3-B50BC3279376.jpeg



花火の夜に


6DA789F4-D0B6-4C43-860D-F142A2C3F487.jpeg


76C0AB9F-8930-40C4-ABE3-631F61A250DF.jpeg


皆さまにも私にも、集まって楽しくお話できる日は、
まだまだ先のように思います。
またそんな日が来ることを信じて
華やかなファシネーターを作りました。


2655F70B-C59F-446D-A6CC-BAF1A876832A.jpeg







posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月10日

養徳学舎をご存知ですか?

帽子を作っておりますと、とってもお似合いになる素敵な紳士が自然に現れます。

2B4DD116-596D-4B8D-8AC6-50DD893A57C6.jpeg

19A7940C-B18E-4023-A4D7-811AEA7EB6D7.jpeg

92AB8811-10F2-4894-AAFA-C4D32A6926D5.jpeg


3CBCA6A2-B684-4C75-8B25-5C9C5E3BA0F6.jpeg

ね、とってもお似合いでしょう?

納品日は近鉄学研北生駒駅にお迎えに来て下さり
「さらっとだけど高山の町を案内しよう」とおっしゃり3密を避けて車中見学となりました。

7C1CF516-A622-4391-8D48-669AD47E2C7A.jpeg


8FF318C3-E54F-4928-9FF6-7DACB4BE6B2C.jpeg


山中伸弥教授が過去に在籍された奈良先端技術大学院大学。
高山茶筅の里。
高山八幡宮。
くろんど池公園。

案内の途中、
「あそこ、参天製薬があるでしょう、ここの役員が養徳学舎の後輩で」
の説明に私はビビビッ!
「養徳学舎って奈良県出身の学生の東京の寮なんでしょ?」と
言いましたら
「何でそんなこと知ってるの?お父さん養徳だった?」
「いいえ〜。以前の勤務先のロータリークラブ会員の
◯◯さんと、△△さんが養徳学舎の話を楽しそうにされたのを覚えてたんです」

そこから俄然話が盛り上がりました。

「右も左もわからない田舎もんが東京に行って頼れるのは同郷の先輩だった。
大学は違っても、歳が違っても仲間。
◯◯君も△△君も、楽しい思い出なんだろう。」

今も養徳学舎のOB会でお集まりされるそうです。
活躍されてる俳優、八嶋智人さんも養徳学舎で過ごされたんですって。

http://www.youtoku-ob.com/090511-yashima.html


納品後に生家にもご案内頂きました。

6C172787-F878-4651-A654-C9020A1525DB.jpeg


蔵の漆喰模様の美しいこと。

A8F40887-D881-4BFE-97A2-5C52C14C84FE.jpeg


地元愛あふれるご案内に「高山町ファン」になりました。
落ち着いたら、きっともう一度来ようと思いました。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月03日

憲法記念日にぴったり!?

もう帽子がすっかりトレードマークに!

D56589C2-97A4-456C-8BEB-5CEF2C00511E.jpeg


05CCDC0D-FE88-489E-8851-79FC3C129F2E.jpeg


2F25FB3D-D5F7-44B6-B53C-B51F9441EBEC.jpeg




ご相談や納品の日、いつもお話が楽しくて大笑いしています。
法律事務所にこんなに楽しそうにいそいそと出かける人は少ないでしょうね。


1ECC59B7-6A28-4E56-A842-FD5E06988EFF.jpeg

posted by Rika at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年03月20日

美しさも才能だと思う

「来週ね、奈良に行くわね」とおっしゃり
「もうね、その日に持って帰りたいの。何か作っておいて。色はベージュか白がいいかしら?お任せするわ」


4F1B22B4-2620-41C4-86D5-372D73A86DBD.jpeg


49A2D9F6-DD9E-4ABE-A768-942F934AB182.jpeg



博代さん、いつも応援してくださる。。。
オーダー入ってないんじゃないかなって時に。。
そのさりげなさに頭が下がります。


A7FDFF57-36A6-4FA9-B9BD-16C75FFC5301.jpeg


5EAE112B-0FDF-45B1-A2D3-6E38DA4F48D1.jpeg


657F618D-13CE-4372-A540-5E4E79653EC8.jpeg


お綺麗、白がお似合い。
posted by Rika at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年02月15日

マキコレワインの集いにはお気に入りのクロッシェで。

楽素&谷口ワイン

5B7CC6A2-BE3E-4CB7-9C8A-ACF9B580C3F9.jpeg

0E0EC0C4-EB99-48A1-A11F-244296DC10AA.jpeg




こちらは谷口ワイン店さんを訪れた日

EFDDCB2E-EE5D-4A41-A2F8-E0F1FCCC65AC.jpeg


なぜかいつも白のクロッシェ。

C7045CAE-2270-451D-8DBB-3507BB402247.jpeg



posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年02月04日

ファシネーター fascinator 魅惑するもの  声楽家 橋本妙子氏

3月11日 「福魂祭」のステージにてご着用頂きます。


20C5A490-DCE6-46F1-A671-2F186521C166.jpeg


6CAFF79B-948E-4F34-AE90-F6C8D843C61E.jpeg


65406CBA-F77F-4101-AEB9-724F1B4427DC.jpeg


独創的な帽子に仕上がりました。
妙子さんがステージで輝く姿を想像しながら
制作しました。


fascinator  ファシネーター 魅惑するもの。
まさにその通り。


posted by Rika at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年01月01日

2020年 今年も宜しくお願いいたします。

2020
佳い作品を作るよう精進いたします。

FB66B259-F2CC-49DE-818D-B6B85EAD057C.jpeg


新年に新作。

DA702474-B8D5-41E7-B343-6D3DEEA782B0.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年12月21日

初めは、紳士の中折れ帽子がスタートでした。

今年はmen'sの帽子が復活したことが何よりも嬉しかったです。


私の初代のお帽子の先生は男性でした。
木型やチップで作る型入れ帽子の魅力を教えてくれた人でした。
型入れ作業は相当な力仕事です。
変な姿勢で、フエルトを引っ張り、伸ばして汗だく。
フラフラになって頭痛になることもあります。
先生からは
「男の仕事だ」と言われた事もありました。


次のお帽子の先生は女性でした。
型入れ作業よりも、デザインや独創性を延ばしてくれた人でした。


ここ数年、女性物オーダーが多かったのですが、
今年は、紳士物のオーダーが復活し、腕が鳴る。。。。と言いましょうか
「きたな、men's。やるぞ!」
気合が入りました。

「men'sもできるんですが?」の声に
「私もともとmen's出身なんです」と答えました。

ごてごて飾らない、すっきりした中にも品がある、
そんな紳士帽子を目指しています。



1EEA6E08-56E9-405F-8591-1888C11EB371.jpeg


EA531B3F-4852-4EA7-A4B8-1A76F6EAED65.jpeg


DSC_8627.JPG


5DE48158-67D3-4B66-B6CC-0AE51E93EF6E.jpeg


posted by Rika at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年12月14日

60th birthday celebration

60th birthday celebration

俗に言う「還暦」もう少し洒落た言い回しもないものかと思いますが
迎えられたとお聞きしても、皆さん総じて若々しく魅力的な方が多いことに驚かされます。


色は赤。
素材は上質なウサギの毛。
大人の女性の可愛いらしさと華やかさ。


6DC76846-C0D0-4B7B-A48D-71A09337BCC1.jpeg


49846046-E64B-4529-AF84-A196B66ACD6A.jpeg


後ろにも飾り。

EE7C39FA-527B-42C1-A813-1DDBDF40532B.jpeg


益々、お元気でご活躍されることを願って作らせて頂きました。

952A1EAD-EA45-4C40-ACC6-C64A01892060.jpeg


49EB1CA1-6DC9-4BD6-8E7B-596D0721FA59.jpeg


私もあと数年で迎える還暦バースディ。
私が憧れる皆様は、一様にイキイキ☆キラキラ輝いておられます。
赤いお帽子を作らせて頂くことで少しでも素敵な皆様に近づけますように。

無理だろうなっ。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年12月07日

やっぱり地元奈良つよし


学園前での個展以来でございます。
お会いできて嬉しかったです。

帽子を始めた頃から、たくさん作らせて頂きました。
こうして創作活動が続けられるのは奈良の皆様に応援頂いたおかげです。


F3330D1F-18CD-4FE4-B845-0D1F63D9CE0C.jpeg


8CA8A5A8-FD8F-46F4-A79C-0B45E967E255.jpeg




奥様の由美子様は声楽家として益々ご活躍されています。

http://www.naraken.com/musik/2018/event/26/event063.html
posted by Rika at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

書家くず上ともこさん


men'sライクな中折れ帽子、お似合いです。

78059B65-B138-40D5-92D4-9EC63058A603.jpeg


85480B0F-49B8-467B-A103-70DFAA44B04D.jpeg



https://fudemojitsukiko.wixsite.com/kuzukami-tomoko
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | 作品紹介

2019年12月06日

ファーストベレーは私の作品で

842DDE7E-3941-49DF-9A17-7844C98B7F35.jpeg


552F262B-6512-4038-AB22-647ED09CC501.jpeg


ハットフェス、朝一番に選んで頂きました。


その後、着用写真をお送りいただきました。

70753EE9-97B3-443E-BDEA-1CD12320FDC8.jpeg




posted by Rika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年11月30日

奈良には駆けつけてくださいます。

私の初期の頃の作品をかぶってハットフェスティバルに遊びに来てくださいました。

芦屋や御池、祇園はやっぱり遠いですか。
しばらく作品をご覧頂けず残念でしたが、奈良には駆けつけて下さり
嬉しいでした。


663818BD-5FA4-4720-ADE3-C920C88C9E52.jpeg


私の無料の第二顧問☆☆士と記念撮影。

AC3FA7E3-44E1-4CD8-9E91-2BA33B637DDD.jpeg


もうすぐ完成、いい感じ。

49E9ADA4-23EE-46D2-957A-04E48DD53C32.jpeg

posted by Rika at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年11月09日

ハットフェスよりお菓子フェスティバル


いつの頃からか、幹子さんのお顔を見たら
パンやお菓子を、また頂けるような厚かましい気持ちになっていて。
恥ずかしいのですが期待している自分がいます。


シュトレンというお菓子をご存じですか?


ハットフェスの最終時間に幹子さんが来て下さいました。
「お腹空いてるでしょう?」
「はい」
「シュトレンって言うの。クリスマスまでの間に少しづつ切って食べるの。
「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」って言われてるのよ」

全く知りませんでした。


物知らずは大変です。
パンだと思い、お腹も空いていたので帰宅したら一気に頂こうと目論んでいました。
なんておしゃれな謂れのあるお菓子なんでしょう。


5A07981F-38A6-499F-BF63-3B7ABCA40575.jpeg


7AA4B3D5-39B1-40FA-B13A-9D00DB44E190.jpeg


端からスライスしてみました。
しっとりしています。

7CE4B150-9436-4D8B-8FDE-8E580BAF9C3B.jpeg



今日よりも明日。
明日よりも明後日。

夢と希望がそこにある、いい言葉。

初個展から応援頂いておりますが、写真初解禁で嬉しいです。

F78F3A37-91AC-4225-A158-2B19F3D4F7EF.jpeg


幹子さんはパンとお菓子のお教室を主宰されています。

こむぎのおけいこ
https://www.facebook.com/1926121987477319/posts/2084536428302540/

明新社
http://meishin.co.jp/

シュトレン
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3


posted by Rika at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

あれから、6年も経ち

2013年3月
B0290DB1-5CCD-42AA-A665-BFB9344A4382.jpeg


2019年11月
045AA3A1-5129-4A83-AA16-9E3581EF7C01.jpeg


有馬さんは応援に駆けつけて下さいました。
歳月は誰に対しても平等に肉体に老いを与えます。
二人とも大きくなりました笑
もう、大きくならなくていいのに。

でも、心は変わらない。

来てくださって嬉しかったです。

来られるなり開口一番
「帽子はいらんで、柿や。吉野に行って来たんや」
また、おっきな柿を一箱も。。。

豪快さも変わりません。

51BFFC36-5CA8-4DC4-94C1-461D45C4E6C6.jpeg

手がちぎれそうになりながら持って帰りました。

キンキ•パートナーズ
kinki-partners.co.jp



posted by Rika at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介