2020年09月21日

発見!私のベレー帽。

Facebookで皆さまの投稿を拝見しておりますと
時折、「これは私が納めさせていただいた作品では?」と
思うことがあります。

写真を大きくして、確かめて、にんまりしてしまいます。
しみじみと嬉しさが込み上がってきます。

097B5CD2-77AD-402B-B272-AADF2AAAA715.jpeg

49A2D9F6-DD9E-4ABE-A768-942F934AB182.jpeg

4F1B22B4-2620-41C4-86D5-372D73A86DBD.jpeg

A0D0A8E9-7C23-4CC4-A391-081037AEA18F.jpeg


BE55C9A6-8129-4BF1-8605-3F7B7D734FF8.jpeg

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月20日

良き日、奈良。お彼岸。

近鉄奈良駅付近はほんの少し観光客も戻り気味。
奈良県庁、裁判所、興福寺が両側に構える奈良の目抜き通りに
ひときわ轟くエンジンサウンドの美しい真っ赤な車で現れたお二人さま。

408EAF5C-5D18-4CB3-A700-518178366D7B.jpeg


奈良でお二人様をお迎えできたこと、とても嬉しかったです。
拙宅のアトリエにもお運びくださいました。

C345EA73-DBD1-47F3-A026-82A23A9FE97B.jpeg


舞子浜、決闘のお話
登山のためカナダに半年滞在されたお話
ヴェルサイユ宮殿でのパーティーのお話
白洲次郎のお話

77E51B6E-90C6-4C86-AF7C-D95E6AEE3094.jpeg

BCAD1579-3E70-4C44-97B9-F93711AEDA2C.jpeg


E56317A0-DCA9-45E4-A1CB-239219E778C6.jpeg


お話は多岐にわたります。
聞いている時間が、心地いいのです。
すーっと耳に入ってきます。

「今日はいい日だった」と帰り際におっしゃったお二人。

「明日いい日になりますように」と願った私への
ねぎらいの言葉だったように思えてなりません。

posted by Rika at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

橋本妙子さん、ご活躍。

うれしい帽子便り。
奈良、新薬師寺の近くにてサロンコンサート。

726234C0-D23E-4440-B67A-11377D43BFBF.jpeg


春日大社花山院宮司さま奈良市長もおいでになったご様子。
私は今回は行けずに残念でした。


FC893A98-B463-484A-BA08-21329DFECA68.jpeg

FB385AE7-B8CB-4C34-95E9-3B7E3FD0C6BF.jpeg


2D1CCFA7-349B-44A2-B6A0-081FA66428A4.jpeg


声楽家橋本妙子さんはステージで私の帽子をたくさんご着用くださいます。


2137064B-6042-4181-8CF0-18549F3C74E5.jpeg

FB_IMG_1553629403949.jpg


どんなデザインの帽子を作らせて頂いても、全身に溶け込んだかぶりこなしをされます。

歌う姿に映えるよう
もっと彼女が輝かれる帽子を作りたいのです。




posted by Rika at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月16日

秋の連休、お越しをお待ちしております。


この秋の連休、お客様がお越しくださると決まってから
もう少し洒落たディスプレイにしてお迎えできないものかと考えておりました。

5FA38702-B505-405E-A770-5DE751DDD7CC.jpeg


2413FC22-99C1-40BA-81A9-9F4A44B4FB53.jpeg


C345EA73-DBD1-47F3-A026-82A23A9FE97B.jpeg

いい感じ!

posted by Rika at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月14日

宝石箱

6FFFCC31-F1FA-4AAC-A263-9D0383D7286E.jpeg


649B2DD9-F7A0-4AA1-A70A-0DC545A9A93F.jpeg


670E3FD5-64E2-487D-8575-0017C2D80ED9.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年08月27日

8月27日私の記念日 芦屋帽子便り

8月27日は私にとっては記念日。
そんな日に嬉しい帽子便りが届きました。


尊敬する大人ボーイフレンドとのお誕生日のディナーのご様子。
お誂え頂いた私の帽子をお召しいただきました。

C52D54A8-7AB8-43DE-AA78-B309105737EF.jpeg


34F6CD50-A56C-4D6D-93C3-D65442B5099B.jpeg


素敵過ぎませんか?
芦屋の有名フレンチで
日本にワインを広めた紳士とのお食事。
きっと繰り広げられたであろう阪神間モダニズム文化論。
そこに私の作った帽子も、ちょっとお仲間に入れて頂いて嬉しいでした。


イギリスからこの木型を購入する時、相当考えました。
これをオーダーされる方はいないだろうと思ったからです。
だけどいつも最後は
「自分の好きなものを作る」
この覚悟でやってまいりました。

美智さまとの出会いに感謝しております。
作らせて頂きありがとうございました。

ABED0091-F2DC-4E2C-9FCA-B4C74F5496F0.jpeg


C3203C9E-5B92-4654-9001-5FFD975B33FB.jpeg

7D9B8E72-2A34-4E7A-A856-B44AA223F6AC.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年08月22日

フレッド•アステア

皆さまはフレッド•アステア Fred Astaire ご存知ですよね?
私は知りませんでした。
物知らずはこれだからいけません。

Wikipediaで慌てて調べてみました。
【抜粋】

アステアはほとんど隠退した後も最晩年まで自宅でのダンスの習練を怠らなかった。1983年にマイケル・ジャクソンが一世を風靡した「ビリー・ジーン」のムーンウォークを見ると自ら挑戦し、マイケルが直に教えたりもして、既に80代半ばの身でありながら、これを鮮やかにマスターしていたという。

アステアのエレガントなダンスには「洗練」という言葉が最も当てはまる。アステアはダンスに洗練と品格の両方を備えさせることに成功した、二十世紀を代表するダンサーであり不世出の天才と言える。正統派のダンス・ファッション共々「粋」を極めたダンサーであった。

後世に与えた影響も大きく、マイケル・ジャクソンなどもアステアの大ファンで「もっとも影響を受けた人物の一人」と発言しており、幼い頃からアステアの真似をしたり、アステアごっこをして妹のジャネットと遊んだとも語っている。自分たちのテレビショーで兄弟全員でアステアの「Puttin' On the Ritz」をカバーしたこともある。ソロになってからも自身のパフォーマンスにおいて一部ステップを取り入れている。

またアメリカにおいてアステアは紳士の代名詞としても有名で、名実ともにミュージカル俳優の鑑であった。米俗語として「アステア=ダンスの上手い洗練された男性」があるという。


F76DAAC9-21B9-4234-9667-AAB820EB068B.jpeg


824EBEBD-439D-4771-BB1D-7BD62CDB9D8B.jpeg


9ED348BC-875B-451B-962E-FA1C848FC31E.jpeg



こんなにすごい大スターを知らなかった私。
恥ずかしいことです。

今回のオーダーは、ずばりアステア。
画像を探してイメージを膨らませました。

08113504-45FD-42F9-A892-41B8015D6A90.jpeg

BC245DA6-5134-4408-B579-C456454CCAA0.jpeg


帽子は、ただ作るだけではありません。
そこにいつも「出会いと物語」があるのです。


posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年07月12日

君、帽子を誂えてみてはどうかね?

「帽子はゴルフの時のキャップくらいで、誂えなんて」
と、おっしゃってましたが、堂々たるお姿。
大変よくお似合いでいらっしゃいます。


3D608F0D-28B2-4BD4-BC02-FBA8CD13652C.jpeg


顧客様がこちらの紳士をご紹介くださったのですが
納品日にオーダーに至る事の経緯をお聞きしてびっくり。

「君にはお世話になっている。何かお礼がしたい。
君、帽子を誂えてみてはどうかね?」

と、勧められたそうです。

聞けば、顧客さまとは奈良県医師会や帝塚山学園理事長•同窓会会長にて
先輩後輩の間柄だそうです。
何かのお集まりで、顧客様の帽子姿をじーっとご覧にはなっておられたそうです。

私にとりましてもお二人は、学校の大先輩であることが判明。

ご本人さまが望んだわけでもない帽子のお誂えが、お礼になったとは全く思えませんが、大先輩お二人の洒落た心意気。
ただただ、素直にありがたく感じ入りました。

DEB4DA66-9D4B-423E-83B2-4E8E9F6F4649.jpeg

B5169131-69CC-487D-B6CD-CA3A5E876CFB.jpeg


ご紹介者様のお写真も添えさせて頂きます。

2B4DD116-596D-4B8D-8AC6-50DD893A57C6.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年07月11日

シルバー、女優帽

B8AE21E8-A082-4521-A2BC-870A015B7DFB.jpeg



シルバー


47B158CE-D095-4348-BFF8-9F87C7FB27CE.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年07月05日

二条陣屋 小川家住宅

建築家 小川立比古氏の京都北山のアトリエに伺いました。

0CACBC67-3EBB-4562-A1EB-2527F9ED020B.jpeg

D5562D5C-9579-4F57-91B5-CF7B4B810664.jpeg



私の帽子の内側に絵を描かれるそうです。
どんな絵でしょう?
楽しみです。

91F038DF-24B7-4BC5-93FF-8C6268C72AF0.jpeg


9C1A6DE4-7CFA-40E3-ADC0-FC1FB9411294.jpeg



小川先生は
「二条城で生まれた」
「その後引っ越した家が忍者屋敷だった」
「小学校の頃、友達の家に行って初めて自分の家は広いんやなと思った」
とおっしゃいます。

これは関西における上沼恵美子の「大阪城が私の家」的なギャグだなと思っていましたが
どうやらギャグでもネタでもなかったようです。

ED8C95F4-D417-4EA4-BC9A-BFE252A337DC.jpeg





二条陣屋 指定名称 小川家住宅
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E9%99%A3%E5%B1%8B


今でもご親戚が管理されてるそうです。
京都って、お話していくと、たまにこのような方と出会いますね。
びっくりしました。


posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年07月04日

芦屋から御影から素敵なお客さま

399CC8BB-4A6C-4007-A222-1554D92F16CD.jpeg


380E7DA9-4F42-4095-A034-5A9607415B7A.jpeg


D5468C43-DAA2-4FFD-80CA-0A77E09286BC.jpeg



73C898CE-C666-4817-9A20-77797ACE0D8E.jpeg



FE0FB159-D58A-444B-82D1-D8EC892F567E.jpeg


遠路、奈良までお越しいただき嬉しかったです。
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年06月21日

帽子をご覧に来られました。

E2E2F72F-15C5-4106-8AF8-266611528313.jpeg


FDC7DF49-B967-4519-9F50-A7BAC2ADA848.jpeg


お花を飾って

F333BCB7-DE71-4C5B-85B1-F395F0F8C073.jpeg


木型も並べて

A347CC65-7BBE-478C-9985-FCD1C88A868D.jpeg

私の作品を好きになって頂けますように。
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月31日

製作過程

3AD2B6B9-CA34-44AE-855F-9F152D0A9BE3.jpeg

E6E69119-17E6-4A66-9A2D-8DDB99F35059.jpeg

8BAF786B-2581-45FF-A39D-C5EABECADF81.jpeg

1DA27E8D-95C1-46BD-924C-BF4CEC3E2A0B.jpeg


きっと、晴れやかな気持ちでかぶってお出掛け出来る日が来ると
信じて製作しております。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月17日

真夏の夜の夢

夏のガーデンパーティーに

8499BA98-C987-4E56-8D14-100F4A25095B.jpeg



5742CE7B-B564-459B-8AA3-B50BC3279376.jpeg



花火の夜に


6DA789F4-D0B6-4C43-860D-F142A2C3F487.jpeg


76C0AB9F-8930-40C4-ABE3-631F61A250DF.jpeg


皆さまにも私にも、集まって楽しくお話できる日は、
まだまだ先のように思います。
またそんな日が来ることを信じて
華やかなファシネーターを作りました。


2655F70B-C59F-446D-A6CC-BAF1A876832A.jpeg







posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月10日

養徳学舎をご存知ですか?

帽子を作っておりますと、とってもお似合いになる素敵な紳士が自然に現れます。

2B4DD116-596D-4B8D-8AC6-50DD893A57C6.jpeg

19A7940C-B18E-4023-A4D7-811AEA7EB6D7.jpeg

92AB8811-10F2-4894-AAFA-C4D32A6926D5.jpeg


3CBCA6A2-B684-4C75-8B25-5C9C5E3BA0F6.jpeg

ね、とってもお似合いでしょう?

納品日は近鉄学研北生駒駅にお迎えに来て下さり
「さらっとだけど高山の町を案内しよう」とおっしゃり3密を避けて車中見学となりました。

7C1CF516-A622-4391-8D48-669AD47E2C7A.jpeg


8FF318C3-E54F-4928-9FF6-7DACB4BE6B2C.jpeg


山中伸弥教授が過去に在籍された奈良先端技術大学院大学。
高山茶筅の里。
高山八幡宮。
くろんど池公園。

案内の途中、
「あそこ、参天製薬があるでしょう、ここの役員が養徳学舎の後輩で」
の説明に私はビビビッ!
「養徳学舎って奈良県出身の学生の東京の寮なんでしょ?」と
言いましたら
「何でそんなこと知ってるの?お父さん養徳だった?」
「いいえ〜。以前の勤務先のロータリークラブ会員の
◯◯さんと、△△さんが養徳学舎の話を楽しそうにされたのを覚えてたんです」

そこから俄然話が盛り上がりました。

「右も左もわからない田舎もんが東京に行って頼れるのは同郷の先輩だった。
大学は違っても、歳が違っても仲間。
◯◯君も△△君も、楽しい思い出なんだろう。」

今も養徳学舎のOB会でお集まりされるそうです。
活躍されてる俳優、八嶋智人さんも養徳学舎で過ごされたんですって。

http://www.youtoku-ob.com/090511-yashima.html


納品後に生家にもご案内頂きました。

6C172787-F878-4651-A654-C9020A1525DB.jpeg


蔵の漆喰模様の美しいこと。

A8F40887-D881-4BFE-97A2-5C52C14C84FE.jpeg


地元愛あふれるご案内に「高山町ファン」になりました。
落ち着いたら、きっともう一度来ようと思いました。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年05月03日

憲法記念日にぴったり!?

もう帽子がすっかりトレードマークに!

D56589C2-97A4-456C-8BEB-5CEF2C00511E.jpeg


05CCDC0D-FE88-489E-8851-79FC3C129F2E.jpeg


2F25FB3D-D5F7-44B6-B53C-B51F9441EBEC.jpeg




ご相談や納品の日、いつもお話が楽しくて大笑いしています。
法律事務所にこんなに楽しそうにいそいそと出かける人は少ないでしょうね。


1ECC59B7-6A28-4E56-A842-FD5E06988EFF.jpeg

posted by Rika at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年03月20日

美しさも才能だと思う

「来週ね、奈良に行くわね」とおっしゃり
「もうね、その日に持って帰りたいの。何か作っておいて。色はベージュか白がいいかしら?お任せするわ」


4F1B22B4-2620-41C4-86D5-372D73A86DBD.jpeg


49A2D9F6-DD9E-4ABE-A768-942F934AB182.jpeg



博代さん、いつも応援してくださる。。。
オーダー入ってないんじゃないかなって時に。。
そのさりげなさに頭が下がります。


A7FDFF57-36A6-4FA9-B9BD-16C75FFC5301.jpeg


5EAE112B-0FDF-45B1-A2D3-6E38DA4F48D1.jpeg


657F618D-13CE-4372-A540-5E4E79653EC8.jpeg


お綺麗、白がお似合い。
posted by Rika at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年02月15日

マキコレワインの集いにはお気に入りのクロッシェで。

楽素&谷口ワイン

5B7CC6A2-BE3E-4CB7-9C8A-ACF9B580C3F9.jpeg

0E0EC0C4-EB99-48A1-A11F-244296DC10AA.jpeg




こちらは谷口ワイン店さんを訪れた日

EFDDCB2E-EE5D-4A41-A2F8-E0F1FCCC65AC.jpeg


なぜかいつも白のクロッシェ。

C7045CAE-2270-451D-8DBB-3507BB402247.jpeg



posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介