2016年02月14日

「葡萄酒茶会」 二月堂 東京・六志会

お席に障りが出たそうで、急遽お誘いいただき参加させて頂きました。

ご亭主の麹谷宏さんのご実家は私の実家のお迎えです。
お会いしたことはありませんが勝手に親近感を覚えて
いそいそと出掛けていきました。

かねてよりの噂以上に趣向を凝らしたおもてなしのこころが随所に
感じられる良いお茶会でした。

DSC_1543.JPG

DSC_1530.JPG

DSC_1518.JPG

DSC_1562.JPG


DSC_1617.JPG

「正客、次客、三客までが亭主のたてたお茶で他のお客さんは奥から
立てだしのお茶が出てくるのはおかしい。私の茶会は皆さんが
正客です」とおっしゃり、全て目の前でお茶を立てて出して下さいました。

お作法をかじった程度の私にとってお茶会は緊張するところ
少し怖いところでしたが、葡萄酒茶会はご亭主の真心とセンスに
感嘆し、もっとここに居たいような気持ちでお開きになり
二月堂を後にしました。
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174374792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック