2020年09月21日

発見!私のベレー帽。

Facebookで皆さまの投稿を拝見しておりますと
時折、「これは私が納めさせていただいた作品では?」と
思うことがあります。

写真を大きくして、確かめて、にんまりしてしまいます。
しみじみと嬉しさが込み上がってきます。

097B5CD2-77AD-402B-B272-AADF2AAAA715.jpeg

49A2D9F6-DD9E-4ABE-A768-942F934AB182.jpeg

4F1B22B4-2620-41C4-86D5-372D73A86DBD.jpeg

A0D0A8E9-7C23-4CC4-A391-081037AEA18F.jpeg


BE55C9A6-8129-4BF1-8605-3F7B7D734FF8.jpeg

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月20日

良き日、奈良。お彼岸。

近鉄奈良駅付近はほんの少し観光客も戻り気味。
奈良県庁、裁判所、興福寺が両側に構える奈良の目抜き通りに
ひときわ轟くエンジンサウンドの美しい真っ赤な車で現れたお二人さま。

408EAF5C-5D18-4CB3-A700-518178366D7B.jpeg


奈良でお二人様をお迎えできたこと、とても嬉しかったです。
拙宅のアトリエにもお運びくださいました。

C345EA73-DBD1-47F3-A026-82A23A9FE97B.jpeg


舞子浜、決闘のお話
登山のためカナダに半年滞在されたお話
ヴェルサイユ宮殿でのパーティーのお話
白洲次郎のお話

77E51B6E-90C6-4C86-AF7C-D95E6AEE3094.jpeg

BCAD1579-3E70-4C44-97B9-F93711AEDA2C.jpeg


E56317A0-DCA9-45E4-A1CB-239219E778C6.jpeg


お話は多岐にわたります。
聞いている時間が、心地いいのです。
すーっと耳に入ってきます。

「今日はいい日だった」と帰り際におっしゃったお二人。

「明日いい日になりますように」と願った私への
ねぎらいの言葉だったように思えてなりません。

posted by Rika at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

橋本妙子さん、ご活躍。

うれしい帽子便り。
奈良、新薬師寺の近くにてサロンコンサート。

726234C0-D23E-4440-B67A-11377D43BFBF.jpeg


春日大社花山院宮司さま奈良市長もおいでになったご様子。
私は今回は行けずに残念でした。


FC893A98-B463-484A-BA08-21329DFECA68.jpeg

FB385AE7-B8CB-4C34-95E9-3B7E3FD0C6BF.jpeg


2D1CCFA7-349B-44A2-B6A0-081FA66428A4.jpeg


声楽家橋本妙子さんはステージで私の帽子をたくさんご着用くださいます。


2137064B-6042-4181-8CF0-18549F3C74E5.jpeg

FB_IMG_1553629403949.jpg


どんなデザインの帽子を作らせて頂いても、全身に溶け込んだかぶりこなしをされます。

歌う姿に映えるよう
もっと彼女が輝かれる帽子を作りたいのです。




posted by Rika at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月16日

秋の連休、お越しをお待ちしております。


この秋の連休、お客様がお越しくださると決まってから
もう少し洒落たディスプレイにしてお迎えできないものかと考えておりました。

5FA38702-B505-405E-A770-5DE751DDD7CC.jpeg


2413FC22-99C1-40BA-81A9-9F4A44B4FB53.jpeg


C345EA73-DBD1-47F3-A026-82A23A9FE97B.jpeg

いい感じ!

posted by Rika at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年09月14日

宝石箱

6FFFCC31-F1FA-4AAC-A263-9D0383D7286E.jpeg


649B2DD9-F7A0-4AA1-A70A-0DC545A9A93F.jpeg


670E3FD5-64E2-487D-8575-0017C2D80ED9.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年08月27日

8月27日私の記念日 芦屋帽子便り

8月27日は私にとっては記念日。
そんな日に嬉しい帽子便りが届きました。


尊敬する大人ボーイフレンドとのお誕生日のディナーのご様子。
お誂え頂いた私の帽子をお召しいただきました。

C52D54A8-7AB8-43DE-AA78-B309105737EF.jpeg


34F6CD50-A56C-4D6D-93C3-D65442B5099B.jpeg


素敵過ぎませんか?
芦屋の有名フレンチで
日本にワインを広めた紳士とのお食事。
きっと繰り広げられたであろう阪神間モダニズム文化論。
そこに私の作った帽子も、ちょっとお仲間に入れて頂いて嬉しいでした。


イギリスからこの木型を購入する時、相当考えました。
これをオーダーされる方はいないだろうと思ったからです。
だけどいつも最後は
「自分の好きなものを作る」
この覚悟でやってまいりました。

美智さまとの出会いに感謝しております。
作らせて頂きありがとうございました。

ABED0091-F2DC-4E2C-9FCA-B4C74F5496F0.jpeg


C3203C9E-5B92-4654-9001-5FFD975B33FB.jpeg

7D9B8E72-2A34-4E7A-A856-B44AA223F6AC.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品紹介

8月27日記念日 ツンツンバンビーノ

あれから21年が経ちました。

このハンカチ、ツンツンバンビーノっていう名前!
記念日にぴったり。

41D10607-AA79-4C1A-9D83-4E4C37A3547C.jpeg


A2EF9AC5-6E71-43B7-A15D-626B5FC5F124.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

2020年08月22日

フレッド•アステア

皆さまはフレッド•アステア Fred Astaire ご存知ですよね?
私は知りませんでした。
物知らずはこれだからいけません。

Wikipediaで慌てて調べてみました。
【抜粋】

アステアはほとんど隠退した後も最晩年まで自宅でのダンスの習練を怠らなかった。1983年にマイケル・ジャクソンが一世を風靡した「ビリー・ジーン」のムーンウォークを見ると自ら挑戦し、マイケルが直に教えたりもして、既に80代半ばの身でありながら、これを鮮やかにマスターしていたという。

アステアのエレガントなダンスには「洗練」という言葉が最も当てはまる。アステアはダンスに洗練と品格の両方を備えさせることに成功した、二十世紀を代表するダンサーであり不世出の天才と言える。正統派のダンス・ファッション共々「粋」を極めたダンサーであった。

後世に与えた影響も大きく、マイケル・ジャクソンなどもアステアの大ファンで「もっとも影響を受けた人物の一人」と発言しており、幼い頃からアステアの真似をしたり、アステアごっこをして妹のジャネットと遊んだとも語っている。自分たちのテレビショーで兄弟全員でアステアの「Puttin' On the Ritz」をカバーしたこともある。ソロになってからも自身のパフォーマンスにおいて一部ステップを取り入れている。

またアメリカにおいてアステアは紳士の代名詞としても有名で、名実ともにミュージカル俳優の鑑であった。米俗語として「アステア=ダンスの上手い洗練された男性」があるという。


F76DAAC9-21B9-4234-9667-AAB820EB068B.jpeg


824EBEBD-439D-4771-BB1D-7BD62CDB9D8B.jpeg


9ED348BC-875B-451B-962E-FA1C848FC31E.jpeg



こんなにすごい大スターを知らなかった私。
恥ずかしいことです。

今回のオーダーは、ずばりアステア。
画像を探してイメージを膨らませました。

08113504-45FD-42F9-A892-41B8015D6A90.jpeg

BC245DA6-5134-4408-B579-C456454CCAA0.jpeg


帽子は、ただ作るだけではありません。
そこにいつも「出会いと物語」があるのです。


posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2020年08月01日

六甲山サイエンスリゾート

お帽子のお客様が、私にまた新しい出逢いを授けて下さいました。


布花作家 津島幸恵さん
https://mainichi.jp/articles/20200715/ddl/k28/040/227000c

今井商店神戸ワインセラー会長 今井拓雄さん
https://www.imaikwc.co.jp/shop_port.html

そして六甲山サイエンスリゾート。
https://rokkosansilence-resort.com/


津島さんの布花は六甲山に咲く可憐な高山植物をテーマに一枚一枚布を染めた繊細な作品でした。
重なり合う小さな花弁、葉も茎も小さいですよね。
大ぶりなコサージュを作るよりも細かな手作業が延々と続く大変な作業とお見受けしました。


F89E967F-3560-45E3-8D80-CC552BDC9A66.jpeg


1205CED5-E90D-4222-990B-B20FE54FD749.jpeg


8EA3ED6A-0D20-42D3-BCF1-E38CC12DCF3E.jpeg


44FA5A2F-EDC1-49D6-92AD-87FD8E84997A.jpeg



そしてすっかりファンになってしまった今井さん。
さすが神戸ロータリアンは紳士です。
私が以前ロータリークラブ事務局に勤務していたとわかると大いに盛り上がりお話も弾みました。
もっと知らない世界のお話を伺いたいと思いました。
きっとまたお会いできそうな予感がしています。


8C9B2F89-D037-4C90-A577-6D57E25EF5CA.jpeg


生まれ変わった六甲山サイエンスリゾートにて


0D0F273E-DD4F-4365-9475-C5EE4C44EC96.jpeg

92E9BDF0-F027-4862-976B-56E27B547F23.jpeg


B2340CFA-02E4-46BF-B015-4664B883A2C8.jpeg


8B9CF5E2-F9AA-4846-A7AE-4FEDA8A61A50.jpeg


人、時間、場所、ピタリとおさまったような出会いに感謝の夏の日でした。

posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー