2019年09月17日

三人の女性クリエーター出会い記念日。

FB_IMG_1568375489417.jpg

札幌から藍染作家
FB_IMG_1568193632286.jpg

福岡から美肌カメラマン
FB_IMG_1568193669904.jpg

奈良からワタクシ。
FB_IMG_1568800687471.jpg
posted by Rika at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年08月27日

8月27日記念日 夏のおさらい

夏の終わりに始まった、あの日。

今日は、記念日なのでこの夏のおさらい。

DSC_8101.JPG

1560085287069.jpg


1560085291668.jpg


1560167118513.jpg

1560167069972.jpg

1560085303085.jpg

1560085233983.jpg


来年の記念日に向けてまた帽子作り、頑張ろう。
posted by Rika at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年08月10日

祇園鳥居本 大将、女将さん。ありがとうございました。

祇園鳥居本の大将が、女将さんの帽子着用写真を
撮って下さいました。


1565234515332.jpg


女将さんは、お着物姿はもちろん美しいのですが
お洋服の時は、男前でカッコイイのです!
(私が写真を撮れたなら、もっとたくさん撮ったのにぃ、残念)



今回、お世話になりましたことで
お二人様からは「祇園の老舗の伝統と革新」を
常に考えておられることを感じました。

基本は守る。

そこから派生する新しい事に挑戦し続ける。



私の制作の手が空いた頃を見計らってのオーダー。
作家としてまだまだひょっ子の私にお座敷を貸してくださった
お気持ち。
何もかもが、後から後から心に沁みいります。

真摯に帽子作りに邁進し、応えていきたいと思っております。


DSC_8597.JPG
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

六甲の風 帽子たより

ここのところ、紳士の帽子制作が復活してまいりました。
嬉しいことです。

元町にお出掛けされた際のお写真。

received_669537096893016.jpeg


received_769042826843692.jpeg

自然でイイ!
おしゃれにかぶりこなしてくださってる!


DSC_8628.JPG

長くご愛用頂けますように。
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年07月28日

7月28日 古稀

還暦のお祝いの、赤いお箸。
今は私が大切に使っています。
赤の染めがところどころ薄くなってしまって…。
それでも使っています。

DSC_8587.JPG


今日は帽子のご用で阪急六甲駅に参りました。
神戸大学の最寄り駅なんですね。
そんな話もきっと出来たはずなのに。

お誕生日の日に、ご縁のある六甲に行けてよかったかも。




posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

2019年07月14日

とうとう、帽子デビュー

学園前、烏丸御池、芦屋、
ずっと応援に駆けつけてくださいます。
確か一番初めにお越し頂いた学園前個展で
「お帽子お似合いなると思います。」とお薦めしましたが
「僕、似合わへん。」と一言。
ご一緒にお越しの可愛らしい方への帽子選びに
全力投球のご様子でした。

さて、今回の祇園個展です。

オーダーを頂いたのです。
ご本人様が、その気になってくださったことが嬉しかったです。
お洒落だし、似合うと思ってたんですよ。

コーディネートもばっちり。

1563614208911.jpg

いい表情だなぁ。

1563614222147.jpg


1563614213997.jpg

このように大変お似合いなご様子を拝見いたしますと
men'sの中折れ帽子の創作魂が燃えてくるのです。
ありがたいことです。

DSC_8258.JPG
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年07月07日

祇園鳥居本 いつかそんな日がくると。

彼女と出会って20年ほどになるでしょうか。

いつもアグレッシブ。
いつもお洒落。
そして今も美人さん。

「分けてもらうつもりで来たからね」と
嬉しいお言葉を頂き、色んなタイプの帽子をお試し下さいました。

お決めになったデザインは私の好きなヘップバーン。

国際的奉仕団体の職員を退職して突如JICAの隊員として
ネパールに行くと聞いた時の驚きは今も忘れません。
華やかで賑やかな場所がお似合いの貴女に
そのような志のあることを私は見抜けなかった。

そういえば、
初めて一緒に遊んだのは祇園の都をどり。
お別れの食事会も祇園のフレンチでしたね。
「see you nepalico!!」
なーんて、皆で手を振って。
プロペラ機なんて絶対に乗りたくないから行く約束はしませんでしたが。


帰国してからは市議会議員秘書として市政に携わっていた貴女。
きっとそう遠くない、いつの日か、貴女自身が生まれ育った町に
何らかの形で恩返しをする日が来るのではないかと私は思います。

その日を楽しみに待っています。

これからも志高く生きていくであろう貴女に
帽子のリボン飾りを「きゅん!」と上向きに結んで仕上げてみました。

DSC_8230.JPG


美しすぎる。。。

received_317834119168903.jpeg
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年07月06日

祇園鳥居本 女優帽いろいろ

真夏に、つばの大きな女優帽。


かぶりやすいデザイン。

DSC_8061.JPG


芦屋マダムからのオーダー作品。

DSC_8008.JPG


個展の案内状掲載作品。

DSC_7480.JPG


うすむらさき、私の好きな色。

DSC_7972.JPG
posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年06月23日

祇園鳥居本 シャンソン 松峰 綾音さん

「シャンソンを歌われる方をお連れするわね。」


鳥居本さんのお座敷に入られた瞬間から
雰囲気が一転。
「きっとこの方だわ」とすぐにわかりました。

1560085331435.jpg

松峰綾音さん
お名前までメロディアス。

Http://ayane-chanter@cyber.ocn.ne.jp

日本訳詩家協会会員でシャンソンの訳詩もなさっておられらます。

歌を訳するって、詩を理解するだけではなくて、
心も感じないと出来ないように思うのです。
松浦さんの話し方は言葉を選んでるかのようにきれいでした。


ステージ用に麻の黒の中折れ帽子をお選び下さいました。

1560167008903.jpg

DSC_8086.JPG

つばが広いので、ステージではお顔に影が映るのでは?と
思いましたが、影もまた歌に情緒がでて良いそうな。

ステージ用の帽子には、色や形だけが目立てばいい的な
ものもございますが、私の帽子はそのままお出掛け
なさってもよい素材で製作しております。


綾音さんは先日清水寺で朗読とお歌も歌われたそうです。
益々のご活躍を楽しみにしております。


posted by Rika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介

2019年06月22日

こむぎのおけいこ

幹子さんは個展の度に焼き菓子やパンを作って
お持ちくださいます。
お忙しい中、個展の日程に合わせて
手作りしてくださってありがたいです。

個展にお越しくださり、お顔を見た瞬間、
ご挨拶と同時に、先に私の手が出てるんじゃないかと、
心配もしています。



今回は京都風にほうじ茶と小豆を練り込んだマドレーヌ。


DSC_8154.JPG


前回の芦屋では、おしゃれにイチゴを練り込んだパン。


DSC_5366.JPG



そして納品に伺うと大好きなチョココルネが!!


DSC_8194.JPG


ちなみにベレー帽はこちら。

DSC_7884.JPG



幹子さんのご主人様は私が以前お世話になっていた
奉仕団体の会員さんです。
京都の個展の時は「主人といきます!」とおっしゃり
必ずご一緒に来てくださいます。心強いです。

あのお忙しい方がわざわざ来てくださることに
嬉しくて、でも、恐縮もしていて。
ご夫妻様から、こうして変わらずご親切にしていただけることに感謝しております。




幹子さん主宰 パン教室「こむぎのおけいこ」
お教室は近鉄奈良駅徒歩3分のところです。


posted by Rika at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介